07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ロンドンにたどり着きました 

 昨夜遅く、日本時間の9月8日朝7時半過ぎにロンドンの自宅に帰ってきました。

 実に、日本の実家を出てから39時間かかりました。 帰ってきた、というより、やっとたどり着いた、といった感じです。


 結局アブ・ダビでは、7日12時15分(日本時間同日17時15分)に最終的に出発、ということでしたが、ボーディングが始まったのが、12時50分。 飛び立ったのが13時半頃でした。

 イギリス時間17時50分(日本時間、8日午前1時50分)にロンドン到着、ということでしたが、滑走路が混んでいたのでしょう。 着陸したのは18時20分頃でした。 その後、ターミナルまで移動したものの、ゲートがいっぱい。 空くのを待って、機体の外に出たのは18時40分頃。 一番遠いゲートだったようで、空港ビルディングへ入ったら、事務所、従業員の休憩室などが並んだ廊下を通って、やっと入国へ。


 私はエコノミークラスの一番前に座っていたので、比較的早く出ることができ、その後も早足だったのですが、入国のところへ着いてびっくり。 今までに見たことがないような長蛇の列。 中に入りきらなくて、廊下に並びました。 結局、私の番が周ってきたのは2時間後のことでした。 私はもちろん、あっという間におわりましたが。 


  飛行機の中で隣だった、一人旅の日本人の男の子があまりよくわかっていないようだったので、一緒に地下鉄で途中まで行くことにしたのですが、全くイギリスのポンドを持ってきていない、ということで、空港のキャッシュ・ディスペンサーでおろそうとしたら、おろせない。 何度か違う機械でもトライし、結局駄目。

 カードを信用しすぎないで、少しは現地の現金を持ってきましょう。

 日本円でさえ、1万円も持っていなかったようで、普段お金を持たない私でさえ、あっけにとられました。

 空港を出たのは21時20分くらい。


 地下鉄乗り場へ行ったら、日本人の女の子たちが切符を買うのに苦戦。 遅い時間だから、と思って、それを手伝い、お金が下ろせなかった男の子も、カードで切符を買うことはできて、ちょうど電車がいたので、皆で慌てて乗ったのでした。

 

 アブ・ダビの空港では、イギリスに住んでいるお嬢さんのところへ向かうお一人の日本人女性が全然英語がわからなかったようで、ご一緒したり、結局はこういうことをする運命なのでしょうね・・・



 昨夜は、母に到着の電話を入れただけで、紅茶を淹れることも無く、寝てしまいました。

 事故が起こるよりは、それを事前に防ぐ為に、到着が遅れることの方がずっとよいのはわかっていますが、さすがにこれだけかかると、疲れました。


 午後からBack to Normalです。

Posted on 2011/09/07 Wed. 18:37 [edit]

category: 日本 2011年

TB: 0    CM: 4

07

まだアブ・ダビにいます・・・ 

 アブ・ダビ空港を本来ならば3時間前に出ている予定だったのですが・・・

 飛行機に座って、機体が動いて、しばらくしたら、ターミナルに戻りました。

 整備の後、再び動いたのに、また戻りました。

 エアコンと、テクニカル・プロブレム(多分エンジン)でアラブ首長国連邦時間で8時半出発だったのが、結局10時15分まで機体の中で待たされて、凄い気温でした。

 

 やっと外に出してもらって、遠いゲートからトランジットに戻り、再び荷物のX線検査をして、ミールクーポンを頂いたのでした。


 全く情報が無かったのですが、やっと12時15分に機体を変えて出発、という表示がでました。


 ヒースローにはきっと4時間くらい遅れになるでしょう。


 今まで、何年間も飛行機で行き来していたのに、一度もこのようなことがなかったのに、6月のセイシェルに次いで、再び遅れになってしまいました。


 今度は飛べることを願っています。


 それにしても、空港職員に何も情報が伝わっていなくて、私たちは右往左往でした。


  ロンドンについて、地下鉄がすいている時間に帰ることができると思ったのですが、一番混む時間になってしまいそうです。

Posted on 2011/09/06 Tue. 18:20 [edit]

category: 日本 2011年

TB: 0    CM: 2

06

アブ・ダビ空港滞在中 

 現在、アラブ首長国連邦時間、9月7日午前3時30分をまわったところです。

 本当は午前4時5分にアブ・ダビ空港に着く予定でしたが、かなり早くなって、2時30分頃到着しました。 ロンドン・ヒースロー行きのフライトは午前8時30分発。 あと5時間の待ち時間です。


 午前2時半頃出発する便がいくつかあり、その後はしばらく無いようです。 飛行機で朝食は出たものの、何故かホット・ドリンクは配られなかったので、空港のカフェでティー・タイム。

 ここにいるほとんどが、日本からの便で着いて、乗り換え便を待っている日本人です。

 アブ・ダビ空港は、インターネットが無料なので、助かります。


 フライトはほとんど満席だったのですが、なぜか、私が座っていた中央の4人がけの椅子、中2つが空席! ということで、少し足を椅子の上に乗せたりできたので、ずいぶん楽でした。

 横になるのには少し長さが足りなかったのですが。

 

 いつもなら、飛行機に乗ったら腕時計を到着地時間にあわせて、それにあわせてすごします。 が、今回は飛行機に乗ったら、アブ・ダビの到着時間が早くなったことをみたので、もしアブ・ダビ時間に合わせると、空港で一番眠くなってしまう、と思い、とりあえず寝ることに。 夕食を食べた後、プディングが出てきたのにも気がつかないほど眠ったようです。 途中、1、2回は目を覚ましたものの、ほとんど寝っぱなし。 10時間以上のフライトだったことはすっかり忘れてしまいました。

 というわけで、真夜中ですが、どうにか起きています。 日本だと朝8時30分くらいです。


 あと約4時間半空港で過ごして、それから、8時間弱のフライト。 今回は、成田を出発してからヒースロー空港に着くまでが、24時間ちょっと。 長旅です。


 

Posted on 2011/09/06 Tue. 10:34 [edit]

category: 日本 2011年

TB: 0    CM: 0

06

日本最終日 

 日本最終日。 夜便なので、午後4時過ぎに埼玉の実家を出ればよいので、とても助かりました。

朝から歯医者へ行って、お昼に大好物のお稲荷さんを作ってもらって、荷造りをはじめ、2時前に幼稚園へ。


 私の6歳のお友達が私が通った幼稚園に通っているので、彼女に会いたくて、幼稚園が終ってバスに乗るまでの間、と思っていってきました。

 まだ終っていなくて、職員室を覗いたらちょうど私の年中の時の担任で、今は園長先生になっている先生がいらしたので、ご挨拶。 お教室まで行っておいで、とおっしゃってくださって、クラスを教えていただいてお教室まで。 私が年長の時に新築した幼稚園。 昨年はコンサートをさせて頂きましたが、お教室を見るのは久しぶり。

 ちょうど帰りの挨拶をしているところだったので、見つからないように廊下にいて、1便のバスの子供たちが廊下に出てきたところでお教室をのぞいたら、ちょうど私が会いに行った子と目があい・・・

「えっ!??」 「みゆきちゃーん!!」と叫ばれたのでした。


 廊下にかけよってきて、そうしたらそのお友達まで出てきて、子供たちの質問攻めにあったのでした。


 年長の時の先生も今は主任として園に残っていらっしゃいますし、こうして卒園して20年以上が経っているのに遊びに行けるのは嬉しいことです。


 荷造りをして(この時間に出発だと、朝お洗濯したものも乾いて持っていけるので、とても便利)、母にピアノを弾いて、4時過ぎに車で出発。

 2006年までは車か、母だけだと電車で成田まで見送ってもらっていましたが、今回は久々に車で成田まで家族の見送り。

 途中で妹に連絡をとったら、定時にあがれそう(とっても珍しい)ということで、都内の妹の職場近くで妹を乗せて、成田へ。

 途中、首都高は混んでいたものの、その後はすいていたので、結局は6時30分頃成田着でした。

 

 空港はこの時間は結構空いていました。


 8時50分出発予定のエティハド航空アブ・ダビ行きは、10分早い出発予定。

 第1ターミナル 北のお店はだいぶしまっていました。


  

Posted on 2011/09/06 Tue. 03:06 [edit]

category: 日本 2011年

TB: 0    CM: 0

06

明日は帰国 

今回は、コンサートもしないし、3週間半なので、長いかな、と思っていた日本滞在、あっという間に終わってしまいました。

 いつもと違って、明日は成田を夜出発なので、気分的に余裕があります。

 というものの、ある程度の荷物は作っておきたい、と思っていますが。

 明日は午前中に歯医者にいかなくてはいけませんし。


 先週は月曜日から金曜日まで、毎日どなたかが我が家にいらしたり、私が出掛けたりしていました。

 今日は、とっても良いタイミングで、来客があり、そして、出かける途中に私が通った幼稚園の前を通ったら、ちょうど私が年長の時に習った先生が門のところにいらしたので、少しお話することができました。

 こうして、習った先生がまだ幼稚園に残っていらっしゃる、というのはとてもうれしいことです。


 

 テレビで、台風の被害をみていると、今年の日本、というのは非常に大規模な自然災害が多いな、と思い、いろいろと考えることもあります。

 安定してくることを祈るのみですが、自然が相手ですからね・・・


 お会いできた方、ありがとうございました。

 お会いできなかった方々、次回を楽しみに。

 今回は、いつもと違った方々にお会いできたこと、嬉しかったです。

 素敵な出会いがたくさんありました。

 

Posted on 2011/09/05 Mon. 05:14 [edit]

category: 日本 2011年

TB: 0    CM: 0

05