03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

買出しの日 

 今日で今年最後の日本。 今回はホームシックになる時間もありませんでした。


 昨日、ボーっとして過ごした分、今日は忙しい。 お昼過ぎからお天気もよいので、電車で2つ先の所沢まで、自転車で行くことに。 実は、自転車に乗るのが段々不安になってきているので、この滞在中、一度ものることはありませんでした。 一度くらい乗っておかないと、また乗るのが嫌になるので乗りましたが、もっと近場にしておけばよかったかな。



061205 kouku-park
航空記念公園


 途中、図書館によって、そのまま航空記念公園を通り抜け。 イギリスの芝生は冬でも緑色がきれいなので、枯れた芝生を見て驚きました。

 それでも、今日は青空なので、気持ちが良いです。


 自転車で、昔だったら20分ほどで行ったのに、さすがに今日はとても安全運転(昔は両手離して乗ったり・・・)なので30分ほど。 いろいろと買い物を済ませてきました。 買い物といっても、100円均一での日用品雑貨、そして食べ物。

 どういう食べ物を持っていくかというと、

  醤油 2本、 お酢、 片栗粉、 カレールー、 お好み焼きソース、 お味噌、梅干、のり、鰹節、乾燥わかめ などなど。

 これらのほとんどをロンドンで購入することもできますが、価格は倍以上。 私は、荷物に空きがあるかぎり持参しています。


 家に帰ってしばらくしたら、先日ヤマハに注文しておいた書籍が入荷した、との電話・・・・ 持って帰りたい本なので、再び所沢まで行ってきました・・・・・ さすがに外も暗いので今度は電車で。 どうしてこうなのか。


 夕食には好物のおでんを食べ、荷造り。 今は6日の午前2時近くですが、まだ途中。 時差ぼけを起こらなくする為に、睡眠時間を減らすので、好都合。 もうほとんどできているので、後は今回作ってもらったドレスを閉まって、こまごまとしたものをしまうだけ。 


 明日の今頃はコペンハーゲンの空港で待っている頃でしょう。 

 今回の日本滞在で得たものはたくさんあります。 日本について改めて考えさせられてしまったこともたくさんあります。


 今回は、あまり友達とゆっくりおしゃべりはできませんでしたが、それはまたの機会に。

 それでは、またロンドンから更新します

 

Posted on 2006/12/05 Tue. 06:07 [edit]

category: 日本 2006年冬

TB: 0    CM: 3

05

あと一日 

 さすがに昨日終わってほっとしたのか、今日は一日無気力状態。 ピアノを弾いても新しい曲は暗譜できないし、昨日までのお礼書きもなかなか筆が進まない状態。

 きっと、よほどまた急なことが無い限り、昨日の演奏が今年の最後のコンサート。 もちろん、まだまだ課題はありますが、この日本での連続の演奏会で、階段を一段上ることができたような気もします。 まだまだながーい階段が目の前に続いていますが。


 明後日の朝には実家を出発するのに、未だ荷物は何も準備していないし、スーパーマーケットへの買出しにも行っていません。 明日は雑用で終わりそう。

 日本は寒い、といってもイギリスに比べれば今のところ温暖。 日本に来るときに着てきたロングコートは結局こちらで着ることはなかったし。


 さあ、あと一日、日本での生活を楽しもうと思っています!

Posted on 2006/12/04 Mon. 06:51 [edit]

category: 日本 2006年冬

TB: 0    CM: 5

04

神様ありがとう 

 あわただしかった日本公演も本日終了。 今日は予定がいっぱい。

 まず、朝から新宿へ行って、これからのことも考えて、某デパートの20年近くお願いしている写真室へプログラム用の写真をとりに行ってきました。 今は成人式の先取り写真の時期。 すごいですね。 それにしても、若い人たちの着物を着ての歩き方の酷いこと! 直したくなりました。


 その後、本日の演奏会会場へ。 井の頭公園の近くにあるレストラン、その地下が60人ほどが入るスタジオになっています。 ピアノのメーカーが私の苦手なもので、響きにくかったのが残念でしたが、演奏自体は小さな事故はあったものの、この5回の演奏で充実したかな、と思います。

 幼い頃から知っている方、中学、高校時代の友達、ネットで知り合った方々、などなどたくさんいらして下さって嬉しかったです。

 数人、先週からの日本での演奏を聴いて、もう一度聴きたい、と言って下さっていらしてくださった方がいたのも、とても嬉しいことでした。 どうもありがとうございました。

  きちんと時間をはかってプログラムを組んだつもりなのに、トークが長かったのか、後半はアンコールも入れて1時間超えていました。 聴いてくださった方も疲れたことでしょう。


 終演後、友達とおしゃべりしたいのもつかの間、慌てて着替えて会場を後にしました。

 実は、一昨日演奏したレストランの方に再び演奏を頼まれていたのです。 

 遅くなってしまったのですが、無事レストランに着いて、オーナーの小学校の同窓会。 還暦ということで、オーナーからお友達にピアノの演奏をプレゼントしたい、ということで私に声をかけてくださったのです。 その考え方がとっても素敵なので、慌しいのを周知の上で、お引き受けしました。

 3曲だけの予定が結局30分ほど演奏してきました。 私がついたのは8時。 もう皆さん5時頃から集まっていらしたようで、とても和気藹々としていました。


 その後はお手伝いしていた、そして彼女がロンドンに先日遊びに来たときにも会って意気投合したオーナーのお嬢さんと一緒に夕食を頂いて、彼女もずっと小さい頃から厳しい先生についてピアノを勉強していたので、ピアノの話で盛り上がりました。

還暦の人たちの小学校の同窓会、なんだかとっても素敵な雰囲気でした。 皆さん、お若いです。


 その後、その場で2次会が始まったのですが、実は今日のこの同窓生の中に某有名ヴァイオリニストがいらして、いろいろと私の演奏を聴いた上でのお話しをしてくださいました。 これからの方向性、演奏のこと、自分で考えていたことを広げられるかな、と思うこと。 今日、この方とお話できたこと、 この機会を下さったことに感謝。


 オーナーのお嬢さんが駅まで一緒に行ってくれたのですが、その道すがら、いろいろな話をして、最後は私は嬉しくて、いろいろな思いも入り混じって、涙が溢れてきました。 なんというのか、この音楽の世界、このまま努力を続ければ、道は開けるのかな、という思い。 良い演奏をたくさん聴いている彼女から『感動した』と言ってもらえたこと。 私のモットーである、『人の心に伝わる演奏』を目指せばよいこと。 もちろん、スタートの遅い私は、課題が山積みです。 でも、とかく技術にしか目が行かなくなっている世界で、やっぱり私は『心』を伝えたい。 

 ロンドンに帰ったら、また初心に戻って勉強していきたいです。


 本当に、いらしてくださった方々、どうもありがとうございました。

 

Posted on 2006/12/03 Sun. 06:12 [edit]

category: 日本 2006年冬

TB: 0    CM: 3

03

日本の疑問 

  日本滞在もあと少し。 昨日、一昨日の疲れを引きづりつつも、今日はお昼前には起床(それでも、母がその前に起こしてもおきなかったようですが・・・・・)先週の日曜日は、なんと起こされてやっと起きたのが午後4時だったので、今回はまだまし。


 明日のプログラムがまだ作成中で、それを終わらせてから調子の悪い家のプリンターと格闘してやっとプリントアウト。 オフィス用品のお店にコピーに行ったらきれいになっていて、どうやらお店のコンピューターからプリントアウトできたことが判明。 とき既に遅し。 あーあ、早くに知っていればあんなに時間を無駄にすることもなかったのに。


 それから某デパートへ行ったのですが、信じられないことが。 今日は珍しく車で母と妹と出掛けたのですが、このデパートの目の前のデパートが持っている駐車場に車を止めた私たち。 私は駐車するときに、この駐車場が午後7時半で閉まることを読んでいました。 妹と母がデパートのカードの何か手続きをしている時、ふと時計を見たら午後7時半。 私はイギリスの感覚でデパートが午後7時前に閉まると思っていたのです。 

 デパートの駐車場なのに、デパートの閉店時間(午後8時)よりも前に駐車場が閉まるなんておかしな話。

 慌てて、その手続きのところの社員の方にこれを言ったら、この社員がまたとてものんびりしている。 しかも、このすぐそばには社員の休憩室があるのか、そのドアの付近にオレンジ色の線が床に引いてあって、社員がそこを出入りする度に、一礼する。 

 私は、日本が嫌いでも、日本の文化、習慣で素敵だな、と思うことはたくさんあります。 でも、この一礼、日本の美徳なのかもしれないけれど、機械的で心があるわけではないし、本当に必要なことなのでしょうか?

 それよりも前に、必要なことがあるのでは??

 

 この私たちを担当していた社員、どうやら新入社員だったようですが、この駐車場に連絡を取ろうとしたものの、外線のかけ方がわからない、あやふやなことを伝える。 口では何度も『すみません』とは言っていましたが、それだって口だけ。 イギリスではこういうこともしょちゅうですが、もう少し、人と人との話が、心がある会話があるはず。


 結果的に、いろいろとわかって駐車場に行ったのは7時45分。 出口をあけて待っていてくださいました。

 このデパート、数年前にもかなり嫌な思いをしたのですが、また。


明日は、最後の日本での演奏。 良い演奏ができるとよいです。

Posted on 2006/12/02 Sat. 06:47 [edit]

category: 日本 2006年冬

TB: 0    CM: 3

02

日本で好きなこと 

日本に来てあっという間にもう1週間。 あと残りも1週間。 早いです。

 日本、いろいろと行きたいところ、行かなくてはいけないところがあります。

 

 その一つが100円均一。 イギリスにもパウンド(ポンド=約200円)ショップというのはありますが、日本の100円ショップのような品揃えのよさではなく、正直言って劣等品のお店です。 100円ショップはやっぱり凄い! 特にファイル用品など、とてもイギリスでは購入したいと思う値段ではないものも、購入できます。 最寄のお店が去年に比べると売り場面積が減ってしまったものの、まだまだ楽しめます。

 物珍しい物も多く、ゆっくり一人でみているとあっという間に時間が経ってしまいますね。(一体、どこの国で普段生活しているのか!)


 日本で私が好きなところはファミリーレストランのドリンクバー! 私、とっても庶民的ですね。 これも、IKEAではドリンクバーがあるものの、日本のファミリーレストランのような品揃えではありません。 


 日本にいて思うこと。 私は出されれば飲みますが、基本的にコーヒーよりも紅茶派。 イギリスで普段飲んでいるティーバッグを持ってきても、水が違う為にイギリスのような味にはなりません。そろそろイギリスの紅茶が懐かしくなってきました。 大きなマグカップにたっぷり紅茶を入れて、絶対に必要なのがミルク。 これが、今日行ったファミリーレストランのドリンクバーではミルクではなく、クリームなので、紅茶のよさが味わえません。 でも、イギリス生活が長くなった今、紅茶はストレートよりもミルクで飲むので違和感があります。


 さあ、まだ楽譜屋さんには行っていないし、やりたいことが残っています。 順にやることをこなしていきたいと思っています。


 

Posted on 2006/11/28 Tue. 06:29 [edit]

category: 日本 2006年冬

TB: 0    CM: 4

28