09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

引き出し 

先日、師匠のレッスンへ行って、色々なことを思っていました。

 師匠と休み無く勉強したのは、カーディフの大学、ディプロマコース時代の5年間+ロンドンで修士号に進む前のプライベートで習った1年=6年間。
 その後は、非常に飛び飛びです。

 6年間、と言っても、私の場合は全く何もできていない状態からの6年間なので、導入から始めての6年間でした。

 先生が指を1本ずつ持って、打鍵を教えいく。
 曲の1小節の中にある、さまざまな音色、タッチを覚える為に、1時間、Noとしか言われず、先生が弾くのをまねしたこともあります。 その真似が難しくて(先生の耳をコピー)、わけわからなくなって、泣いたり、叫んだり、ということもありました。

 他の音大生と違って、一つの曲を仕上げていって、1、2度先生にみて頂く、というレッスンでは私の場合はありませんでした。
 もちろん、一度に膨大な量の曲を抱えていましたが、非常に時間をかけて、1つの曲を徹底的に仕上げました。
 その割には、楽譜の書き込みは非常に少ない。
 指使い、ペダルが主なものでしょう。
 それだけ、全て、私の耳、指先、腕が記憶しなくてはいけないものばかりでした。

 先日のレッスンの際、先生から指摘されたことを1度で直せる時もあれば、2,3回トライして出せる時もありました。
 これを、私はこのように考えます。
 
 小さな引き出しがたくさんついた飾り棚があります。
 この引き出しに、私は師匠との6年間で多くのものを詰め込んだ。
 まだ空いている引き出しもあるし、ぐちゃぐちゃな引き出しもある。
 引き出しの奥の方にしまってあるものは、2、3つの引き出しをあけてみないとみつからないけれど、でも、閉まってあるものは、見つかる。
 
 サマーコースで、数人の先生のレッスン受けるので、色々なことを思います。
 棚の上に飾るのが得意な先生。
 その飾り方が独創的な人もいれば、皆同じでないと駄目な先生もいる。

 私が好きな先生は、棚の上を飾るだけではなくて、空いている引き出しにちょっと何かを入れてくれる先生。
 簡単なことと思うかもしれませんが、それができる先生はとても少ない。
 引き出しに入れる、ということは、後々、その作曲家の違う曲を弾く時、もしくは、全く違う曲で同じようなタッチが求められる時に、また取り出すことができるように入れる、ということです。

 非常に初期的なこと、としては、譜読みの仕方、私が口うるさく言う、ゆっくり数えながら弾く、ということから、引き出しに入れていくことだと思います。

 私の師匠、Dr.Sと修士の時に師事したゴードン先生の大きな違いは、
 例えば、引き出しに同じ色の色をつける道具を入れていくとする。
 師匠は、『赤』という引き出しに、赤い絵の具、色鉛筆数社、クレヨン、ボールペン、色々な種類を入れる。
 ゴードン先生は、『赤』という引き出しに、赤いボールペン1社を何本も入れる。

 どちらも間違っていないのです。
 ただ、今コンクールを受けていて思うことは、ゴードンの引き出しの方が、コンクールでは強いだろうな、ということ。

 先週のレッスンの際に、『オーチン・ハラショー』と言って頂けたショパンのノクターン、5月のコンクールの際に、審査員の方から、「中間部、普通は盛り上げるところで、君は距離を置いてみているような弾き方をした。 普通と違うから、個性が強くて予選落ち」と言われました。 ただ嬉しかったのは、実際、私は遠くから見ているような情景をあらわしていたので、伝わったことです。
 師匠にはこのことは言っていなかったのですが、弾き終った後、この話をしたら、
「何が駄目なのだ? 別に、指示が書いてあるわけでもないし、変でもないし、説得力があるから、良いのではないか?」
 と言われただけでした。

 この人に常識は伝わらない。
 私が別に意識したことなんてないのに、個性が強い、といわれるのは、師匠のせいだ、と改めて思いました。

 どちらの引き出しも間違っていません。
 私は、棚の上を飾るだけの先生にはなりたくない。
 
 夏休みは、棚の上をきれいに飾れる小学生2人に、引き出しを増やして中身を入れていくレッスンをします。
 私が日本へ行かない代わりに、こちらへいらして下さる方もいるので、がんばらなくてはいけません!!
 私自身も、サマーコースでは、アシスタントとして教えながらも、自身も受講者なので、今から引き出しの整理をしなくては間に合いません。

 
 
 

Posted on 2014/07/02 Wed. 13:15 [edit]

category: RCMの生活

TB: 0    CM: 0

02

The last day at the College 


080826 practise room

Posted on 2008/08/25 Mon. 21:45 [edit]

category: RCMの生活

TB: 0    CM: 1

25

Graduation 


080704 graduation


I graduated! At the moment, the internet connection at my home is not working well.

Just put a picture of the graduation. I hope I can come back to write blog soon!

Posted on 2008/07/03 Thu. 23:00 [edit]

category: RCMの生活

TB: 0    CM: 3

03

論文終わった!! 

 やっと論文の提出が終わりました。 昨夜はコンサート後なのに、ほぼ徹夜状態。 何が大変かって、リサーチはずっと秋からしていたし、色々と貴重なお話しを伺ったり、思いがけないものを見せていただいたりしていたのですが、とにかく答えがまとまらない、と言う状態でした。

 担当の先生にできたものを送って添削していただいたら、フットノート(出典を書く)が私は文章をそのまま引用した部分にだけ必要、と思っていたのに、実際は例えば歴史的なことをいくつかの本から自分なりの言葉でまとめても出典をそのつどかきなさい、と言われて、何ヶ月も前に読んだことをもう一度調べなおしたり、その文献を引っ張り出してそれが書かれているページを調べたり、それがとにかく大変でした。


 午前中、やっと何度も書き直したまとめができて、学校で印刷して、バインドして(これも、穴を変に開けてしまってもう一度印刷し直したりと時間がかかりました)、お昼前に無事提出。 すぐに家に戻って、実家にだけ電話して、ベッドへ。 2時間だけ仮眠、と思っていたのに、実際は5時間寝ていました・・・・・・


 とにかく今はホットしています。 結果が返ってくるまではなんともいえませんが。

 

 今回の研究、まだ研究されていない分野だったので、自由に書けた、といえば自由にかけましたが、とにかく思っていた以上に奥が深くて、これからも続けていきたい研究です。 とにかく、これからの自分の人生を考えた時に、私はピアノを弾いて、ピアノを教えるだけが自分の人生ではない、と気が付き、私しかできない分野がある、と思ったのも確か。 ただ、職業として出来上がっている分野ではないので、これからどうするかを決めなくてはいけませんが。 もちろん、ピアノは一番大切なもの。 ピアニストとしての仕事を優先していきますが。


 明日はマチネ=ロイヤルオペラハウス、 夜はロイヤルフェスティヴァルホール。 

 とにかく今必要なのは休養。 腰から背中への痛みが増している状態です。


 ブログ、また更新していくので、よろしくお願いいたします。

Posted on 2008/05/16 Fri. 06:42 [edit]

category: RCMの生活

TB: 0    CM: 9

16

プレゼンテイション終了 

 暖かいのか、寒いのかいまいち良く分からない一日でした。

 

 月曜日にピアノの試験を終えて、今日は二つ目の試験。 プロフェッショナル・スキルスのプレゼンテーション。 今回この授業を14人が選択していたのですが、試験では1人15分程度の自分が選んだプロジェクトについての発表。 10時からはかなりの人数が。 私が指定されていた14時は3人だけ。 16時半からは4人。 どうやら似ているプロジェクト同士でまとめたようです。


 この14時のグループは、イギリス人のトロンボーン、コソボからのピアノ、そして私。 10時からのグループはどちらかというと、1回のイヴェント、演奏の場を得る、ということを目的にした人が多かったのだと思います(聞いていませんが、内容を知っているので)。 それに比べこの回は、演奏をしつつも、演奏以外の音楽の道を探している人達。

 私は、もちろん教え、演奏を続けますが、これだけでは収入が不安定だし、それ以上に自分が納得できない。 今の学校の修士号に進んだのは理由があるから。 でも、入学した時に思ったこととはその後の出会いで自分の人生は変わりました。 

 私以外の2人は詳しくは書きませんが、ファウンドレイジングと、特別なイヴェントのこと。

 私も今やろうとしていることはまだやっている人が色々と調べた限りでは一人もいないことなので、このプロジェクトを私が本格的に動き出す前にやられてしまうと困るのでここには書きませんが、きっと今すぐには結果は出ないけれど、2年後、5年後に結果が出せたら、と思っていること。

 担当の先生は、私のは今は結果が出なかったけれど、14人の中で先生の心の中に一番深く残るプロジェクトだったそうです。

 

 このことで、早朝に起きて日本に電話をしたり、色々と調べたり。 私は色々とこれ以外にもやりたいことがあって、それは少しずつ昨年あたりから動き出していることですが、今回、一番難しいと思われていたこのプロジェクトに着手できたことが嬉しいこと。 このプロジェクトとは直接は関係ないけれど、来週ある方とお会いする約束もできたから、これから少しずつ本格的に前に進むことができたら、と思っているところです。


 夜、試験以来初めてバラキレフのソナタを弾いてみました。 非常に悔しいことに、試験前には非常に苦労していたテクニック的にとても難しいところがすんなりと弾けるようになっていました。 バラキレフ、大切な曲だ、と改めて思いました。


 さて、残りは卒論のみ! 頑張ります!

Posted on 2008/04/25 Fri. 06:52 [edit]

category: RCMの生活

TB: 0    CM: 1

25