09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

7月7日 

日本人にとって、2011年3月11日、というのが忘れてはいけない日となったのと同じに、イギリスに住むものにとって忘れてはいけないのが2005年7月7日。
 日本では、『七夕』。 なのに、あの日を境に、私の中では変わってしまった日。

 当時はカーディフに住んでいて、その年の9月にロンドンに移りました。
 2005年7月7日木曜日。 曜日までしっかりと覚えているのは、2004年9月から私は毎週木曜日にカーディフからロンドンまでピアノのレッスンに通っていたから。 諸事情により、師匠が大学をやめてしまい、私は学校から交通費を出して頂いて、そのまま師匠のところまでレッスンに通うことが許可されていました。
 
 たまたま、あの日は先生のご都合でレッスンが土曜日に変更。
私は朝から大学の練習室で練習していたところに、午後になって母からの電話。
 母から携帯電話に電話がくるなんて、あの時が最初で最後。
 何が起こったのか?と思って慌てたら、安堵した母の声。
 それからは、もちろん、練習なんてできなくて、コンピュータールームに行って情報召集。
 寮に帰ってからは、ひたすら、テレビをみていました。

 カーディフからパディントン駅について、先生のお宅に2本地下鉄を乗り継ぐのですが、自分が普段使っていた路線、駅がやられてしまっている映像をみて、ただただ恐怖でした。
 
 2日後、ロンドンに行くのが怖くて嫌で、先生に電話したら、
「何が問題なんだ?」
の一言。
 怖くて地下鉄には乗れなくて、中心部から1時間以上バスに乗って先生のお宅へ。
 それも、怖くて、バスの出口から一番近いところに座っていました。
 
 あのオックスフォード・サーカスが静かで、気味が悪いほど。
 たまたま今日は用があって昼間オックスフォード・サーカスを通ったのですが、いつもどおり栄えている様子をみて、平和だな、とつくづく思いました。

 ロンドンに住むようになっても、最初のころは、怖くて、屋根がぶっ飛んだ、59番のバスにはなかなか乗ることができませんでした。 今はもう平気で乗っていますが。

2006年の空港でテロ未遂が発見されてから、手荷物での液体物の持込が厳しくなったのは、現在も続くまま。 
といっても、やはり、ロンドンの空港が一番厳しいかな?とは思います。
 アメリカへは行っていないので、あくまでもヨーロッパ、日本での話しですが。

 あの後は、それほど大きなことも無く、この状態を保ってもらえているのが、安心。

 自然災害も、人の手による災害もどちらも怖い。
 でも、師匠からは、私は本当の怖さを、人間の汚さをしらない、といわれています。
 先生は、詳しくは私も聞けませんが、ソ連時代に色々と大変な思いをなさっているわけですから。
 『ダンテソナタ』を4月にみて頂いた時に、本を読み込まないと、私にはあの汚さは理解できるものではない、とハッキリといわれました。

 夕方、土砂降りだったロンドン北部は、7時過ぎには晴れ間が。
 きっと、織姫と彦星が会えたのでは? と思いながらも、小学生の頃、実家の裏の畑に、さといもの葉っぱの朝露を採りに行って、それで墨をすって短冊を書いた平和な七夕の朝を思い出しました。
 
 来年でテロから10年。 この一年、平和なロンドンでいてくれることを願ってやみません。

Posted on 2014/07/07 Mon. 23:09 [edit]

category: Category: None

TB: 0    CM: 0

07

ゆっくり 

 明日はコンサートですが、5月頭のモーツアルトのコンクールで新しく譜読みした変奏曲に少々悩まされております。
モーツアルト特有の難しさ、というものにいつものことながら、やりがいを感じつつも、いくつもの可能性をどのように調理するのか、という楽しみ。
 コンサートに出すのは初めてになるので、あとは明日の教会の響きとピアノに任せようかな、と思っているところです。

 グレード試験も近いので、曲のまとめに入っている生徒がほとんど。
私は、選曲の後は、ゆっくりのテンポで細かいことができるようになるまでは、ほとんどインテンポで曲全体を子供たちの前で弾くことはしません。 私のコピーになってほしくないからです。
 もちろん、ペダルのこと、その他諸々、ちょこちょこは弾いていますが。

 まとめなので、子供たちにどのような曲なのか全体像をつかむ為に、よほどグレード7,8の長い曲以外は、通して弾いているのが先週、今週のレッスンでの話し。

 いつも思っていることですが、テクニック的には全く難が無い、単純な曲こそ本当に難しい。
 先日は、チャイコフスキーの子供のための曲集より、『甘い夢』で、冷や汗をかきました。
 私は、他のピアニストに比べ、チャイコフスキーの小品に結構取り組んでいる方です。
 先生にも他の先生方にも、単純で弾きにくい小品に対して、今まで評価が高かった。
 それなのに、もちろん、演奏、というよりも、生徒が弾く事をみこしての演奏ですが、難しかったです。 
 もちろん、テクニックのことではなくて、つなげかたです。

 とっても賢い子なので、変に私の舞台用演奏をしてしまうとまずい部分が多かったので、よけいに気を使ったのですが。
 でも、しっかりと流れをつかんできてくれて、ご都合の為にレッスン変更があって、私が弾いてみせた4日後のレッスンでは、4日前とは全く別人の演奏をしていました。

 表情をつけていくレッスンはたのしい。
 それまでの下積みが、先日も書きましたが、生徒も私も必死です。
 
 私自身は、大学生になって基礎を習ったので、21歳の時、7,8月の夏休み中にショパンのエチュードの譜読みをして、9月に暗譜をして、ひたすら2月頭までは、徹底的にゆっくり音楽をつくりあげました。
 2月末だったか3月がテクニカルの試験で、こんなんでどうするのかしら??と思っていたら、師匠は1回のレッスンで本当の速さで弾けるようにしてくれました。
 師匠の基本は、 『ゆっくり』。 この教えを受けた私の指導も、『ゆっくり』
 
 だから、本番の日も、時間が許す限り、ゆっくり練習。
 ピアノがわからない母でさえ、日本で私が本番前に家で練習をしていると、
「今日、本当にこれを弾くの?」 と不安になったこともあります。
 しかも、ペダルなしなので、余計に心配になるようです。

 ただただゆっくり弾くだけでは、何にもなりません。
 きちんと考えてのゆっくり。
 
 サマーコースでロシア系の先生方が生徒に、
「ゆっくり弾いて」
というと、大抵の日本人受講者は、とても速い。
  
 ラフマニノフにも、ゆっくり練習していたエピソードが残っていますし、どなただったか、有名なピアニストにも同じエピソードがあります。
 考えてゆっくり弾く、ゆっくりだから簡単、では決してありません。
 
 

Posted on 2014/06/19 Thu. 23:33 [edit]

category: Category: None

TB: 0    CM: 0

19

疲労中 

 疲れが抜け切れません。
 昨日は、買い物に行かないと、大して食べるものもないな、と思いながらも、家から一歩も外に出ずに、ぼーっとして終わりました。
 疲れた身体には、梅干としょうがを乗せた、おうどんが一番のご馳走・・・(手抜きがバレますね)

 それでも、来週のコンサートのことが頭にあるので、夕方からはピアノに向かいましたが、肝心な練習はあまりせずに、これから、何を弾こうかな、と楽譜を色々と広げて遊び弾き。
 師匠Dr.Sから、ベートーヴェンの第31番のソナタをやってみたら?と言われて、とりあえず、弾いてみる。
 『のだめカンタービレ』の映画ヴァージョンで使われている曲です。

 
 今日は、教えがあると思って、手帳もチェックしてから出かけたのに、明日の間違い。
 こんなこと、初めてです。
 明日出直すことにして、そばに大型スーパーストアがあるので、やっと、野菜を買って来ました。

 とにかく、疲れたまま。
 諦めて、夕方からは、お昼寝・・・
 忙しい9月が来る前に、割り切ってこうした日も必要ですね。 明日は、朝から夕方まで教えですし。

 日曜日の日、全てを終えて、バスで帰宅途中から、一気に緊張が緩んだのか、疲れを感じました。
 サマーコース中は、たとえ夜中2時に寝ても(最後の3日くらいは、おしゃべりをしていて、こんな感じ)、7時にかけた目覚まし時計が鳴る前、6時に自然に目が覚めていました。 それだけ、今回は気も張っていたのでしょう。

 一昨日までの充実しすぎた生活と、この2日間を比べると、とんでもない違いですが、これも必要、ということにしておきます。
 私でさえこうなのだから、先生方は・・・ いや、あの60代前後の方々は、お元気。
今回は、いつになく、師匠がお疲れ気味だったのが、気にはなっていますが。
 
 

 

Posted on 2013/08/20 Tue. 22:39 [edit]

category: Category: None

TB: 0    CM: 0

20

お久しぶりです 

いろいろとごちゃごちゃしていて、書かないまま、2週間があっという間に過ぎてしまいました。
 
 バレエの感想のたまっている分を仕上げようと思いつつ、そのままです。
 その間に、ロイヤルバレエはシーズンを終えてしまいました。
 
 そして明後日からはオリンピックが開幕。

 近日中に、再び書けるようになりたいな、とは思っていますが。
 とりあえず、生存確認です。

Posted on 2012/07/25 Wed. 22:47 [edit]

category: Category: None

TB: 0    CM: 0

25