04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

八王子いちょうホールでのロビーコンサート (9月10日) 

落ち込んだり、今まで頑張ってきたことがわからなくなったり、色々な感情を持ちながらの1週間でした。
 海外へ留学したい人たちは、本当に帰ってきてからのことを考えてから海外へ出た方が良いように思います。
 特にこの世界では、私のような音楽界とのつながりが全くない人間には、とても生きにくい場所である、というのを想像以上に実感しています。
 最も、私は日本に帰るつもりはなかったので、このような状況になることを覚悟し、決めて帰ってきたはずなのですけれどね。
 イギリス以上に大変に感じます。


 そんな中ではありますが、帰国前から決まっていた本番はやってきます。


160910


 内部の写真はありませんが、東京都八王子市のいちょうホールでのロビーコンサート。
 毎週土曜日に30分間行われているようです。
 これは、抽選で誰でも出演できるもの。
 
 プログラムは

 ウェーバー: 舞踏への勧誘
 ショパン: ノクターン 変ニ長調 作品27-2
 ドビュッシー: ロマンティックなワルツ
 ロータ: ワルツ
 シューベルト/リスト: ウィーンの夜会 第6番

 
 インフォメーションのすぐ隣での演奏。
 入り口にも近く、私が今まで弾いてきたロビーコンサートの中でも、最も人の動きが多かったものかもしれません。
 集中するのだけで精いっぱいなのが情けない。

 ウェーバーの舞踏への勧誘は、久々。
 やっと情景がみえてきたか? 本当は良いピアノのはずなのに、弾き込みがやはり集中していないので、タッチが安定しない、C6のヤマハのグランドピアノ。
 細かいところの鍵盤の動きが悪いのが少々困りはしましたが、その代わり、挑戦のし甲斐があるというか無いというか。

 ショパンのノクターンは、今日のプログラムでは一番本番に出してあることもあり(先月の山王病院でも弾きましたし)、これはやはりどういう状況であれ、自分の世界に入れるのだな、と。
 本当は、新曲であれ、全てに対してそうでなければいけないのですが。

 本当は、コッペリアのワルツを弾く予定が、諸事情により、小さなワルツ2曲に変更。
 珍しく、ドビュッシーを新しく譜読み。
 私には最初は捉えにくかったのですが、段々、パリの色と香りが見えてきました。
 事故はありましたが・・・ 来月の本番の為の仕上げだったので、次はきっと今回の失敗をいかして。

 そして、先月山王病院で初出しした、ロータのワルツ。
 知られていない曲だけれど、ちょっとクラシックから外れている部分もあり、聴きやすいようです。

 最後は、シューベルト/リストのウィーンの夜会。
 ロビーは天井が高いところもありつつ、残念ながらピアノが置かれていたのは、とても天井が低い部分。
 音がこもりがちで、どのようにキレを出せばよいのか、試行錯誤ではありましたが、そして、この作品を健康的な自然光の中で弾くのはまた難しいな、と思いながらの演奏ではありましたが、このような通りすがりに聴けるようなコンサートにしては、超有名曲を省いたプログラムで(舞踏への勧誘は、前奏部分が終わったら、ああ!となった方が多かったようですが)、トークを入れながら、少しでも、超有名曲以外の曲をお伝えしたい、という私の思いでのコンサートでした。

 いらして下さった方々、どうもありがとうございました。

 JRの八王子駅、というのは初めて下車しましたが(八王子だと、京王線の南の方に友達がいるので、何度か行っていますが)、昭和と新しさが混じったような商店街があったりして、駅から15分ほどの徒歩での道のりも、キョロキョロとしながらでした。
 そして、電車の中から見えた、山の風景。
 同じ東京都でも、都心と八王子。 とても違うのだな、改めて思うばかりでした。
 山がほとんどないイングランドでの生活が長かった私にとって、山のある風景は、特別です。

Posted on 2016/09/11 Sun. 22:05 [edit]

category: 自分のコンサート

TB: 0    CM: 0

11

振替輸送 

 毎日、外へ出かければ、闘っている日本での私の生活です。
 矛盾だらけ。
 この数日は、面接などで出かけることもあったりして、しかし、ストッキングを履くのが大嫌いな私は、奥の手を・・・
 日本のOLさん含め、お勤めしている女性たちは、この暑さの中ストッキングを履いていて凄いな、と思わざるを得ません。
 

 このところ、昔に比べて私は人身事故が増えているのかな?と思う、西武線。
 先月の台風での西武多摩湖線の復旧の速さは、さすが日本!と思わずにはいられませんでしたが。

 昨日は、時間厳守の予定で、目的地の最寄り駅に、予定の30分前に着くように出かけていました。
 それなのに、2つ手前の駅で、出発するかと思いきや止まってしまい、人身事故、との放送。
 さすがに時間が間に合わないので、使えない西武線ではありますが、運よく、地下鉄と交差しているところだったので、振り替え輸送の案内もあったので、改札へ。
 私は、便利であるはずのSUICAを使用。
 そうしたら、Suicaは振り替え輸送をしてもらえず、自分で切符を買いなおさなくてはいけない、と言われました。
 理屈としてはわからなくもないですが・・・

 Suicaの裏にはそのような記述は全くない。
 この性格の私は駅員さんに交渉。 
 ですが、ここは日本。

 振り替え輸送の冊子に記述されているそうです(が、この冊子は今回初めてみました)。

 運よく、20分ほどして、私が行きたかった駅までは運転する、と言われて、どうにか予定には間に合いましたが。

 そして、この性格の私は、帰りに私の最寄り駅で、Suica(ですが、JRではないので、パスモ?)の説明書をもらいたい、と申し出る。
 が、この説明書が英語ではわかるのに、日本語では何というのかわからなくて、すったもんだすることに・・・
 言われたことは、振り替え輸送のポスターに書かれている、ということ。

 家に帰って家族と話したら、日本に住んでいる家族でさえ、ほとんどSuicaでは振り替え輸送にならないことを知りませんでした。
 
 ロンドンのSuica,いや、Oysterカードは、切符に比べて、かなりの割引額。
 Suicaにはそのメリットはほんの少ししかない。
 もちろん、いちいち切符を買わなくても良い、というメリットはあります。
 が、これからきっと私は、よほど急いでいる時以外は、切符を買う生活をすることになると思います。
 これだけ頻繁に人身事故が起こっては、振り替え輸送、ということを考えておかなければいけません。
 
 中高6年間、その前の小学生の時のバレエや塾のテストで頻繁に電車を使っていましたが、覚えている限り、一度も人身事故などに出くわしたことはありませんでした。

 帰国して8.9週間? 少し賢くなった出来事でした。

Posted on 2016/09/05 Mon. 23:02 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

05

ピアノフェア 

 あっという間に9月になってしまいました。
 書きたいことはあるものの、落ち込みだったり、どこにも持っていくことができない気持ちがあったり。
 本業に対してのもどかしい思いでいっぱいなのかもしれません。
 
 カレンダー、手帳には、グレード試験の申込期限が書き込まれ、公立の学校の始業日も記入されています。 
 昨年の12月頃に書いたものだと思うので、複雑な思いです。

 7月に私が日本に帰ってきてすぐに発表された、2017/18の王立音楽検定のピアノの新しい課題曲をやっとみる余裕ができて、それらをみながら、無意識に、誰々にはこれを勉強してもらいたいな、でも自分ではこれを選ぶかしら?なんて考えてしまう部分もまだあります。
 
 そんな中、今日は、初めて東京国際フォーラムへ。
 そばは車で通ったことがありましたが、中へ入るのは初めて。
 Jazz Festivalが行われていて、イギリス英語が聞えてきて、思わず懐かしくなりました。

 
160903


 お目当ては、これ。
 ピアノフェア。
 今、すぐに購入できるわけではありませんが、日本ではどんなピアノを持っているかで、まずピアノの先生の価値が決まってしまうようなので、アップライトピアノの私は、まず下の方に位置します。
 それも悔しい。

 というわけで、いくつかのメーカーをみることができるようだったので、行ってみました。
 ここで、凄く気に入ったピアノに出会ってしまう。
 
 試弾させて頂いていたのですが、どうやら、私の弾き方に出店していた楽器店の方々が気が付いてくださって、話をして下さいました。
 他の方々に比べて、繊細で、音を鳴らして、響きがきれい、というのが声をかけて色々と話をして下さった理由。
 確かに、他の試弾をなさっていた方々は、とにかく叩きまくって、思わず私は耳をそらすこともありました。
 でも、それが日本では一般的な、コンクールで通るピアニズム。

 だから、今回は楽器店の方々が、弾き方の違いに気が付いて下さったのは、とても嬉しいし、驚きでもありました。

 2時間半ほど、あっという間に経ってしまいました。
 ついでに、知識というか、これから楽器を買う、なんていう生徒の参考になるのかな?と思いながら、中古のアップライトピアノの弾き比べまでしてきましたが、おもしろい。

 こんなに、同じ時にいくつものピアノメーカーのピアノが勢ぞろいするのは、本当に凄いし、ありがたいこと。
 今回は購入には至りませんが、有意義な時間でした。

 

Posted on 2016/09/03 Sat. 22:20 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

03

開店閉業の中 

 ピアノの教えに関しては、開店閉業状態が残念ながら続いておりますが、ピアノの練習は継続。
 どころか、やはり今の私の状態で日本で活動したければ、先日も書いたように、求められるレパートリーがこの2,3年コンクールや、イギリスのコンサートで使っていたものとは多少異なってきます。
 よって、これから2か月くらいの間に(いや、急なものもあり)必要な曲を解凍する日々です。

 これに加え、帰国してから毎朝自分に課している課題も。
 これについては、とりあえずこの7週間は、練習できる時には欠かさずにしていますが、詳細はもう少しできてから。
 ずっと気になっていたことなので、やっと私自身も必要性を感じて、遅ればせながら手を付けたところ。

 そして、10月のコンサートの曲の譜読みやら、何やらをする日々。
 ここに来て、中学、高校時代に使っていなかった、空き部屋になっている私の脳の引き出しが役立っているようです。

 本当に、今は帰国が正しかったのか?という不安しかありませんが、焦っても仕方がありません。
 そう自分に言い聞かせるから、余計に疲れるのかもしれませんが。

 Facebookなどで、20代の同業の友達が講習会を受けにヨーロッパなどを移動している姿をみながら、羨ましい、と思う自分もいる。
 私は、20代の頃、経済的なものと、あまりにもピアノの道に進んだのが遅すぎたことで、有名な教授などの講習会を受けに行く力がなかった。 もちろん、ロンドンの講習会には参加していましたが。
 今だったら、得るものがあるのだろうな、と思いつつも、大きなコンクールを受けられないこの年齢では、講習会を受けるのも難しい。 
 悔いが無いように生きる、がモットー。
 不可能を可能にもしてきたかもしれない。
 でも、この世界で、年齢、という壁はあまりにも厚すぎました。
 コネクションが無い中、日本でどのようにやっていくのか、想像以上に大変です。
 普通、留学する人たちは、それまでに日本で力のある先生方と関係があるのが当たり前ですからね・・・・

Posted on 2016/08/25 Thu. 21:14 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

25

クラシック音楽が盛んなのか??? 

 クラシック音楽をする上で、日本の方がイギリスよりも恵まれているな、と感じることは多々あります。
 
 1つは、ホールとそこにある立派なフルコンサートグランドピアノ。
 その多くが、ほとんど使われていないような印象がありますが・・・

 そして、楽譜屋さんが多いこと。
 楽譜屋さん? というよりも楽器店と言った方が良いのでしょうか。

 ロンドンで大き目、と思っていたような楽譜やさんは、日本では決して大きくない。 
 そして、その規模のお店がいくつもある。
 
 私の家の最寄り駅の近くでさえ、小さな商業施設に、楽器店が入っていて、2つ先の多き目の駅のデパートにも、昨年楽器店が入ったところ。
 銀座のヤマハには、ちらっと帰ってきてから寄りましたが、本当にすごい。
 
 イギリスでは手に入らなかったような楽譜が手に入る(日本版)。
 驚くのは、教本というのでしょうか? バイエル、ソナチネ、曲集、いったいどれだけの種類があるのでしょうか?
 イギリスでは考えられません。

 とにかく、私の場合は、日本でどの導入教材を使うか?ということがネックになっていましたが、イギリスで好んで使っていた導入楽譜が、日本語になって数年前から出版されていました。
  色々とみて、この教材が一番好きですし、子供たちの成長にもつながる、と考えているので、これが手に入って良かった。
 
 こんなに多くの教材があって、本当に必要なのでしょうか?というのが最初に思ったこと。
 本当に使いこなせているのか? 

 私が好んで使っているテクニックの教材に、バーナム(Dozen a day)というものがあります。
 日本でも日本語版があって、とてもポピュラー。
 日本でピアノを習っていて、ロンドン時代に私と縁があった方々、皆さんこれを使っていました。
 これは非常に優れた教材。
 これをきちんと使えば、曲を弾く為の準備が非常にできるのです。
 が、音大の先生に習っていたお子さんも含め、私はこの教材を有効活用していたな!と思った方は、ゼロ。
 多くの場合、この教材は初見用に使われる、と聞いて、唖然としました。
 この教材は、初見用では全くないと思うし、そう使っても意味がありません。
 
 楽譜が手に入るのは嬉しい(エルガーのピアノ曲集なんて、イギリスではみたこともありませんでした)。
 でも、多すぎるように思う教本をどのように使うのか。
 各生徒にあう教材を見つけるのは必要かもしれない。
 でも、同じ教材でも、生徒によって使い方を考える。
 その場の発想力。
 そちらの方が大切では?と私は思ってしまいます。
 
 しかし、お遣いを頼まれて、買い物に行ったのに、ちょっと楽譜をみよう、と寄り道をして、家に帰るのが遅くなる、というのが私の問題点。
 本当に日本は凄いのです!!!


 

Posted on 2016/08/23 Tue. 22:14 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

23